WELQやMERRYの非公開に思うまとめパクリ記事との差別化

WELQやMERRYの非公開に思うまとめパクリ記事との差別化

キュレーションメディアの有名なサイトがバッシングをうけて、非公開になってますね。今後も非公開になっていくサイト増えていくかも。NAVERまとめとかさ。

あの手の引用メインの記事の作り方だと、文章を読むのが好きな人にとっては面白みがまるでない。文章を書いてる人の独自性もないければ熱意もへったくれもない。

しっかりとしたリライトができていればいいのか?

ツールで生成したような記事ではなく、しっかりとしたリライトをして、パクリ感を減らせば、バッシングされるようなこともないのかもしれないが……。

リライトがパクリになる中どうかの定義はよくわからない。参考にして自分言葉で書いたっていうなら問題ないよね。言い方次第でどうにでもなるか。

リライトするにしても、1記事に時間かけてられないから、どこまで手間をかけずにちゃんとした記事を作っていけるかが大事ですね。

使って良い時間は千文字/1h程度

ライターの相場をかるく調べて見たけど、一文字0.5円程度。クラウドソーシングはもっと低い。有名になれば単価も上がるものかもしれないけど、千文字/1hのペースでやっても時給500円くらいにしかならないね。

一文字単価でお金もらって文章書くわけじゃないけど、これくらいの感覚で書かないと仕事にならないということだ。

クォリティを求めるあまり、悩んで悩んで時間かけたとしてもさも、自分が書いた文章の価値が上がるわけでもない。

まとめ記事とは違う良い記事ってなんだろう

情報だけをツールでまとめた記事との差別化を図るためには、どんな文章を書けば良いのでしょう。

やはり、書いてる人がどこの誰なのか、人となりが見えてくるもの、熱意が伝わってくる文章が大切なんじゃないかな。

綺麗な文章、面白い文章が書けなかったとしても、文章を書くための技術的なものなんか後でついてくるはずです。感じていることを、熱をもって伝えられるかどうかが肝心なんだと。

情報まとめる・伝えるだけの記事から脱却

ただ情報を伝えるだけなら、そこらへんにある、まとめサイト・キュレーションサイトと何にも変わりません。個人でブログ書いているレベルでは、お金のかけ方や、システムの構築ができない分、絶対に勝つことはできない。

機械的な文章じゃなく人間味をしっかり出していくことが、まとめサイト・キュレーションサイトに勝つための文章の書き方んんだろう。その辺を意識して記事を作らないとダメだね。

正社員という奴隷制度に中指を立てるWebエンジニアです。PHPが得意。繋がれた鎖を断ち切るために、自由を取り戻すために、プログラミングスキルを磨く日々です。プログラミングと個人でもできるビジネスについて、情報発信しています。

詳しくはこちら