Webマーケティングがワクワクしてくる!人を操るコピーライティング

知ってるとWebマーケティングにワクワクしてくる!人を操るコピーライティング

Web広告の仕事を担当したことがある方なら、広告運用で全然成果が出ない時の焦りや不安を経験したことがあると思います。

それとは逆にがうまくいっている時のワクワク感も知っていますよね。

そんなワクワクした気持ちをもっとたくさん経験できるようになるための、人を操るコピーライティングを紹介します。

死ぬほど考えなきゃいけないのは文章

Webマーケティングって何が一番大切だと思います?

デザインとか、ちょっとした動きを入れたユーザーエクスペリエンスとか、広告アカウントの最適化とかいろいろあると思いますが。

一番大事なのは文章です。

デザインやインパクトのある動きを重視しいたLPもありますが、やっぱり文章を読ませて相手を行動させるためには文章の力が必要不可欠です。

インフィード広告の記事型LPなんて文章そのものですよね。

文章は読み手の想像力というスイッチをオンにさせ、誘導する力があるのです。

これは自分に対しても同じ効果があります。

心理学的にも言われていることですが、自分の夢や目標を文章化することで今自分が何をしたいのかが明確にすることができ、そして何が何でも成功させたいと固執するようになり、達成しやすくなるのです。

文章で自分の明るい未来を想像させて行動させているということですね。

人生を変える力も備わっているなんて凄いですよね。

文章で人をマリオネットに変える3つのポイント

人を自分の思うがままに行動させるとこんなメリットがあります。

  • 企画書が通る
  • プレゼンがうまくいく
  • 頼み事を聞いてくれる
  • デート誘いにokしてくれる

仕事からプライベートまで、こんなにメリットが有るのです。

これらのことに今まで苦労していませんでしたか?

それが、上手くいっている自分の未来を想像してみるとワクワクしてきますよね。

文章のポイントはこちら。

  • 書きすぎない
  • 綺麗に書かない
  • 自分本位で書かない

綺麗な文章で伝えたい事をすべて書くというのは、良さそうですが、読み手に想像させる余白がなくなってしまうのです。

すべての情報を1から10まで詰め込んでしまったら、相手は何も想像せずただ読んでいるだけとなってしまいます。

健康食品やサプリメントの簡単な例文を作ってみました。

「これには〇〇の成分が入っていて、飲むことで〇〇な効果を得ることができ、体調不良が改善されます。オススメです。」

「これにを飲んだら朝起きて気分爽快で、仕事前に早朝ランニングまで言ってきました。オススメです。」

なんとなく後者のほうが良さそうじゃないですか?

大切なのは、読みてに自由に想像させるということ。

結果が出ない、相手に伝わらない、反応が帰ってこない文章というのはだいたい、自分本位で書きたいことを書いているんじゃないでしょうか。

なぜ長文より短文がいいのか

情報は詰め込むだけ詰め込んで、ドンと相手に渡した方がお得だと思う人もいますよね?

しかし、人間は情報量の少ない文章を読んだ時、自分の記憶の中から情報を補い想像して、内容を完結させます。

この時に想像しことはポジティブなイメージになりやすく、心を動かすことができるのです。

これらのポイントに注意することでWebマーケティングの成果は見違えることでしょう。

正社員という奴隷制度に中指を立てるWebエンジニアです。PHPが得意。繋がれた鎖を断ち切るために、自由を取り戻すために、プログラミングスキルを磨く日々です。プログラミングと個人でもできるビジネスについて、情報発信しています。

詳しくはこちら