歴史から学ぶwebマーケティングの大原則

今回はヒトラーの大衆を操る手法から学ぶwebマーケティングにの大原則について紹介します。

webマーケティングの本質はファンを増やすことです。

ヒトラーなぜ一般大衆を熱狂的なファンにまで昇華させることができたのか。

それは、ヒトラーが歴史上のあらゆるマーケティング手法を片っ端から取り入れたからこそ、国を動かすまでのフォロワーを増やすことができたのです。

異なるジャンルからとことん学ぶ

ジャンルを問わず良いと思ったやり方とことん真似をするというのがヒトラーのやり方でした。

  • 共産主義者 → テロリズム
  • カトリック教会 → 組織構成・スローガン・布教方法
  • アメリカ → 宣伝方法
  • イギリス → 宣伝方法

これらを取り入れたヒトラーは完璧な大衆扇動まで極めることができたのです。

大衆扇動テクニック6つのポイント

いろんなところからやり方を取り入れた結果大衆を扇動するポイントを6つにしぼりました。

  • 大衆を興奮させるこ
  • 失敗を認めない
  • 非難を受け入れない
  • 代案を残さない
  • 敵の長所を認めない
  • 攻めるときは一つに絞る

これらのポイントを抑え、真実を知らせるのではなく大衆が聞きたい甘い言葉だけを演説で聞かせる。

そうすることで、理性の働きが鈍くなり感情に訴えかけ思いのままに操ることができるようになるのです。

大きな嘘で人を動かす

ヒトラーは嘘も上手く使って人を動かしていました。

嘘は現代の商業マーケティングでも利用されています。

美容系とか健康食品系とかがいい例ですよね。

誰でも美しくなれる健康になれると勘違いされてしまいそうな内容を上手く誇大広告にならないようにして流しています。

CMを見た側が勝手に連想してるだけだだから嘘ではないということなのでしょうが、嘘みたいなものですよね。

嘘は他にも特徴があり、小さな嘘より大きな嘘を信じやすく、大きな嘘も繰り返せば信じる人が現れるのです。

逆に小さくいろんな嘘を付くのは逆効果です。

オオカミ少年という言葉があるくらいなので、当たり前ですが小さな嘘をたくさん付くことに意味はありません。

日頃から頻繁に嘘を付く人を誰が信用しますか?

嘘は増えれば増えるほど 記憶力が必要となり、バレル危険性も高まります。

浮気相手の数が多ければ多いほど発覚する可能性が増えるのと一緒ですね。

しかし、誰も信じられないような大きな嘘を一貫して発信し続ければありえないようなことでも信じてしまうのです。

昔、毒ガスで地下鉄テロをを起こせば神に救済されるという嘘を付いて実行させた人いましたよね。

人間は小さな嘘より大きな嘘を信じやすく、ありえないと思うかもしれませんが事例は多いのです。

普段は正直者の生活、ここぞという時に一貫した大きな嘘をついて人を動かすのです。

一般常識を覆すような嘘や逆説だったとしても永遠と繰り返し発信し続けることで、信じる人が現れるくらい大衆は愚かということです。

それが本当化どうかよくわからないような分野だったら、騙されて当然ということです。

比喩的表現、逆説的表現、真実、嘘、を見分けるといのはとても難しく、一番多く耳にしたことを真実だと感じるようになっているのです。

ありえないような嘘でも繰り返していけば、大勢の人が信じるようになる。

Webマーケティングに活用するにはどうすればいいか?

意味のない大きな嘘をただついていてもWebマーケティングに活用するこはできません。

嘘を上手く活用するポイントは、大義名分と仮想敵を作ることです。

ビジネスはお金を稼ぐことが目的かもしれませんが、稼ぐためにやってるなんていったて誰もフォロワーにはなってくれません。

フォロワーを集めるためには世のため人のためにやっているという大義名分が必要なのです。

なにかビジネスをする時、上手く嘘を使って大衆の心を動かすような大義名分を考えると良いでしょう。

そしてもう一つはフォロワーの団結力を高めるための仮想敵です。

韓国の政治家が日本を仮想敵にすることで自分の支持率をあげようとしているんじゃないかと言われています。

政治でも利用されているように仮想敵をせっていすることはWebマーケティングでも非常に有効な手段なのです。

仮想敵を作るために話を持ったり嘘を利用するのは、大衆を扇動するために有効な手段なのです。

いつまでも操られる側にいてはいけない

Webマーケティングの手法を学ぶと、日常のありとあらゆるところに人を操る工夫が仕掛けられていることがわかります。

マーケティング手法を学んで自分が人を操る側に回らなければ、いつまで経っても無駄なお金を使わされてばかりで、労働でも消費でも企業に搾取され続ける人生になってしまいます。

個人で小さなビジネスを初めて、勉強してみるのが一番いいんじゃないでしょうか。

正社員という奴隷制度に中指を立てるWebエンジニアです。PHPが得意。繋がれた鎖を断ち切るために、自由を取り戻すために、プログラミングスキルを磨く日々です。プログラミングと個人でもできるビジネスについて、情報発信しています。

詳しくはこちら