成長するwebエンジニアの特徴!環境の変化で成長は加速

今回のテーマは成長スピードが早いwebエンジニアの特徴について紹介します。

成長のスピードが早い人は環境の変化を恐れない人だったのです。

環境の変化が成長ににつながる理由

大きな環境の変化があった時、自分が変わったという感覚は誰しもがあると思います。

高校デビューや大学デビューがいい例ですね。

今まで暗くて友達がいなかったのにら高校や大学に行った途端、明るいキャラクターになった人を見たことありませんか?

むしろ、自分がそうだという人もいるかと思います。

環境が大きく変わると、脳がその場所に適応しようとするために考え方が柔軟になるのです。

柔軟になった脳は、新しいことを吸収しやすいのでその結果大きく成長できます。

成長スピードが早いwebエンジニアの特徴というのは環境の変化を恐れない人ということなのです。

環境を変えて成長する方法

大きく環境を変化させる方法は二つあります。

  • 転職
  • 引っ越し

同じ環境に居続けると、飽きてしまい考えも凝り固まってしまいます。

webエンジニアは一社に長く居続けるよりも、転職して職場を変えると成長できます。

住む場所を変えるのも大きく環境を変化させ、自分を成長させる要素の一つです。

実家暮らししかしたことがないとか、同じボロアパートに何年も住み続けてる人ってなんとなく魅力を感じないと思いませんか?

同じ場所に住み続けると成長するきっかけを潰しているのです。

職場と住む場所をというのは、大きな要素なので、なるべく変化を続けた方が良いのですが、難しいです。

だったら小さな環境の変化をつくれば良いのです。

  • 部屋の明るさ
  • 部屋の温度
  • デスク上のレイアウト

脳を飽きさせず、情報のインプット能力を高めるためには、このような小さな変化でもよいのです。

1時間ごとに部屋の温度を変える たり、上着を羽織ったり脱いだりすることでも十分効果があります。

脳が柔軟な状態だと、新しいことに挑戦する意欲も湧きやすいのです。

引きこもりプログラマーは成長が遅い

フリーランスのwebエンジニアで在宅ワークを中心にしていると、どうしてます自宅に引きこもりがちになってしまいます。

毎日、同じオフィスに出勤する会社員よりも成長が阻害されてます。

会社員が同じオフィスに毎日出勤することでさえ飽きがくるのに、生活と仕事場が同じでずっとそこに引きこもっているのですから、脳は一層こり固まり成長しにくい環境に身を置いていることになるのです。

せっかくフリーランスになって毎日同じオフィスに出勤しなくていい環境を作り出したのなら、それを最大限に活かさないともったいないと思いませんか?

日本中旅するのもいいし、物価の安い海外に住んで、お金を節約することもできるのです。

そんなの別にやらなくていいと思う人でも、家に引きこもり続けるのはモチベーションの維持が難しいので、カフェ、図書館などの公共施設、電車移動中、コンビニのイートインなど場所をこまめに移して、環境の変化する状況を作り出すのがよいでしょう。

パソコンを広げなくても仕事ができるようにする

いろんな場所を転々として仕事をするにしても、パソコンを持ち歩くのって重いからなるべくやりたくないんですよね。

僕が利用しているのはMacBook Airなので軽い方だと思いますが、それでも外ではあまり使いたくないというのがあります。

カフェでMacを広げるのがなんとなくカッコつけてるみたいでやりたくないっていう自意識過剰な部分あります。

なので僕はなるべくスマホでできることはスマホでやるようにしています。

ブログも8割くらいはスマホで記事を書いています。

情報のインプットとアウトプットはほとんどスマホを利用しています。

  • 本を読む
  • オーディオブックを聞く
  • 動画をみる

インプットはほぼスマホだし、ブログ記事へのアウトプットもスマホです。

パソコンでやらなくちゃできないことはプログラミングくはいですね。

スマホでなんでもできるようにしておくと、成長スピードはかなり加速するでしょう。

集中力が持たない人ほど家に引きこもってはいけません。

環境を変化させても飽きない工夫と、自宅にいなくてもできることを増やすというのが大切なのです。

会社員をやめて環境を変えやすくする

会社員は毎日同じ時間、同じ場所で仕事をしていますよね。

環境の変化がとても少ないです。

営業職は違うかもしれないが、技術職の場合はいつも同じ場所で仕事をしています。

その状況を変えるためにフリーランスエンジニアになって働くというのも一つの手段ではないでしょうか?

フリーランスなら一定の間隔の短いスパンで沢山の現場を渡り歩くことが可能になります。

一定の間隔で環境を変えるとプログラミングスキルの成長が早くなります。

どうしても会社員を辞めたくないのであれば

デスク周りなど小さな環境の変化を続けて、少しでも脳を飽きさせない工夫をしなくてはいけません。

同じ環境に居続けると、脳は凝り固まっていき成長しにくい状態になってしまいますので。

それともう一つやるべきことがあります。

それは副業に挑戦して、webサービスをつくることです。

会社はリスクをとらないので同じような仕事しかできません。

新しいことに挑戦するとしても、会社の人はじっくりやりたがるので、なかなか進まないでしょう。

だから成長のスピード感が遅いのです。

だったら副業で多くのことに素早く挑戦しなければなりません。

webエンジニアは打席に立つ回数が多い人ほど成長するのです。

副業からビジネスが成功できれば、会社員を脱出ことも可能になりますからね。

一石二鳥で副業は必ずやるべきでしょう。

正社員という奴隷制度に中指を立てるWebエンジニアです。PHPが得意。繋がれた鎖を断ち切るために、自由を取り戻すために、プログラミングスキルを磨く日々です。プログラミングと個人でもできるビジネスについて、情報発信しています。

詳しくはこちら