【PHP入門】プログラムの基本的な記述方法とPHP基本

PHPとはサーバ側で動かくプログラムなので、PHPについて深く勉強していけば自ずとサーバ側の知識も身についてくるでしょう。

PHPサーバ側で処理された内容がブラウザで表示されるので、ブラウザでソースを見てもPHPで記述されたプログラムは表示されません。すでにサーバで処理された内容をソースで見ることができるのです。

実際にPHPで文字を表示させてみよう

PHPで文字列を表示させるためには、prontという関数を使います。printの記述方法はいくつかありますので、書き方がわからなくなったらマニュアルサイトを確認するといいでしょう。

http://php.net/manual/ja/function.print.php

<htmp>
<body>
<?php 
print("Hello World");
?>
</body>
</html>

htmlタグの中にPHPを記述する場合は <?php  …… ?> このタグで囲うのが一般的な記述の仕方です。

しかし、phpだけしか記述しない場合、閉じタグの記述をしてはいけません。

<?php
print("Hello World");

中途半端な感じがして、なんか気持ち悪いですがこれがPHPの記述方法です。

PHPファイルをブラウザで確認してみよう

PHPで作ったファイルはhtmlの用に手軽にみることができません。サーバにアップロードするか、ローカル環境にサーバを構築する必要があります。

ローカルサーバの構築なんて大げさな言い回しですが、XAMPPやMAMPといったツールを使えば簡単に構築できるので、身構える必要はないですよ。

ローカル環境の構築を一歩前進してやりたいという方は、Vagrantを使ってみることをおすすめします。Vagrantを使えば柔軟なサーバ設定ができるので、サーバ周りの知識を身につけるにはうってつけでしょう。

Vagrantの使い方はまた別の記事で紹介したいと思います。

ブラウザで確認しみて、Hello Worldが表示されていれば成功です。

printとほぼ同じechoとは?

echoはprintと同じで文字列を表示させることができます。echoもprintもよく見かけますが、違いはないの思っていいんじゃないですかね。僕には使い分けがよくわかりません。

http://php.net/manual/ja/function.echo.php

<htmp>
<body>
<?php 
echo “Hello World”;
?>
</body>
</html>

正社員という奴隷制度に中指を立てるWebエンジニアです。PHPが得意。繋がれた鎖を断ち切るために、自由を取り戻すために、プログラミングスキルを磨く日々です。プログラミングと個人でもできるビジネスについて、情報発信しています。

詳しくはこちら