【会社員から脱出する】独立して成功できるWebエンジニアになるために

2019/9/8 ビジネス

今回のテーマはプログラマが会社から脱出し独立して成功するためにはどうすればいいのかを考えてみました。

僕は現在Web制作会社でWebエンジニア・プログラマとして働く会社員です。

会社員として働くことが苦痛だなと思いなが10年くらいは会社員をやっています。

35歳に独立しようと考え、数年で設定年齢がやってくるので、独立するためにはどうすればいいか本気で考え始めています。

このブログでは、会社員を続けながら副業でコツコツ稼ぎ、いつの日か会社から完全に独立できるようになるための方法などを情報発信しています。

Twitterでも様々な情報を発信していますので、興味のある方はフォローをよろしくお願い致します。

独立せずに会社員を続ける人の特徴

会社員でい続けることは悪いことではありませんが、僕にとっては会社はとても苦痛で牢獄のようなものなので、なんとしても独立して成功しなくちゃいけないのです。

今、なぜ自分が独立できずに会社員をやっているのかを考えてみたら、このような考え方がブレーキをかけているのがわかりました。

  • 他人の目が気にしている
  • 誰かの人生を生きている

誰にも縛られず自由に仕事をして、楽しい人生をを過ごしたいという願望があるにも関わらず、他人の目を気にして行動ができていないのだ。

他人の目を気にしてばかりで、自分がやりたいことをできない人って自分の人生を生きてるとは言えないですよね。

そんな、凝り固まった考え方を取っ払うのが、独立するための最初の関門なのでしょう。

目標を達成するためにやるべきこと

現在の僕は正社員として安定した給料をもらっています。

金額は少ないですが節約して慎ましく生きていきればさほど問題はありません。

子供も大学行かせるとか、自分の老後の心配とか細かいことを考えればきりがないのですけどね。

人間は現状維持をしたがる人間で、本当に生活が切羽詰まっていない限りなかなか行動できません。

なので、自分の目標を明確に設定しないと、いつまでも何も変わらないのです。

なんとなくの目標しか決めていないと、道半ばで挫折する可能性も非常に高くなってしまいます。

成功する人は目標だったりどんな事があっても成功させるという信念があり、ちょっとやそっとのことではブレないのです。

僕が会社員をやめて独立したいと思う信念はこんな感じです。

会社員生活が自分に合わず辛すぎる。

毎日が暗い気持ちで、日曜日の夜は決まってブルーな気持ちになる。

こんな人生で死ぬ直前に「我が生涯一片の悔いなし」なんで絶対に思えないですよね。

今まで転職をして何社かの企業で働いたことがありますが、どの会社で働いても最終的に同じようなメンタルが落ちてしまい、会社を辞めてきました。

どんな会社で働いても同じような暗い気分になり、こんな毎日が一生続くなんてなったら幸せとは思えません。

ビジネスや投資が成功するとお金を増やすことはできますが、人間の人生には必ず終りがあり、どんなに地位と名誉を確立した偉人であっても、絶対に増やすことはできないのです。

自分が辛いと思ってることを毎日のようにやらなきゃいけないなんて、有限な人生をめちゃくちゃもったい使い方していると思いませんか?

自由な時間を手に入れて、自分のため、家族のため、友人のために、めいっぱい使いとい。

これが僕が会社員を辞めて、独立する理由であり、絶対に成功させなきゃいけないと思う信念なのです。

悩まず落ち込まず目標に向かって突き進むだけ

自分が行動する理由と、目標がしっかり定まったらあとは、それに向かって行動していくだけです。

目標を達成できる人とできない人の差は能力の差ではありません。

ほんのちょっとした心がけがしっかりしていて、落ち込んで悩んだり挫折する時間が短いのです。

心が強い、強靭なメンタルをもっているからとかそんな曖昧な理由ではありません。

具体的に何をしたらいいかが明確になっていて、今の自分より未来の自分に自信を持って生きているからなのです。

強い心は精神論ではなく科学的に作ることができます。

これからどうすれば目標を達成させるまでやり抜くことができるメンタルを手に入れることができるのか、研究をしていきたいと思います。

僕の会社員脱出計画は35歳に決行される予定です。

それまでに何をしたらいいか、問題を一つ一つクリアして目標の設定した年齢を迎えようと思います。

正社員という奴隷制度に中指を立てるWebエンジニアです。PHPが得意。繋がれた鎖を断ち切るために、自由を取り戻すために、会社から独立するために、プログラミングスキルを磨く日々です。プログラミングと個人でもできるビジネスについて、情報発信しています。

詳しくはこちら