【プログラミングって凄い!】想像力を利用してプログラミング学習の効率アップ

今更って感じですが、プログラミングって凄いですよね。

思いついたサービスを形にできる凄さもありますが、もっと凄いのは自分の時間を増やすというところで、この部分に可能性を感じています。

仕事の効率化をして自分の自由な時間が増えるのです。

自由な時間が増えるということは、会社員でも夢を叶えるために使える時間が増やすことができます。

僕は現在、会社員として平日は8時間くらい働いています。

しかし、大変な業務はほとんどプログラミングで効率化したので、一般的な会社員よりも時間が余っています。

もちろん上司に時間が余ってるなんて報告はしません。

そのおかげで勤務中にもブログ記事を書いたり、プログラミングの勉強をしたりと、自由な時間を生み出すことができるようになりました。

いいタイミングで完了報告し残業がゼロになるように働いています。

プログラミングを覚えるとブログを毎日更新する時間や勉強の時間を生み出すことができるのです。

使ってみると凄さが実感できるでしょう。

AIを使えるようになって自分の仕事をもっと楽にしていきたいので、Python(パイソン)の勉強始めました。

プログラミングの凄さを実感すると「勉強のモチベーションがめちゃくちゃ上がる!」今回はこれをテーマに話していきます。

凄さを実感するとワクワクしてくる

ワクワクする感情はプログラミングの勉強効率を何倍にも高めてくれます。

夢を思い描き、未来の自分を想像する。

僕の場合は会社員を辞めてフリーランスで働くことが夢です。

世界中を旅行しながらプログラミングの案件をこなし、思いついたサービスをどんどん形にしていく。

これが夢です。

考えてるとワクワクして来るので、副業もブログも勉強も全部続けることができるのです。

10代20代には夢がない人が多いと聞いことがあります。

夢がまだ見つかっていないというなら、ゆっくり探せばいいと思います。

しかし、夢を語るのがかっこ悪い、夢を探すことを諦めてるという人もいます。

この考え方はかなり危ういです。

イメージトレーニングで考え方を変える

明るい未来をイメージできないと言うならメンタルトレーニングしかありません。

とくにやりたいという強い意志がなくても「やってみたいかも、できたらすごいかも」これくらい軽い気持ちでいろいろ挑戦して見ると良いでしょう。

そして、成功して皆が羨ましがったり、憧れてられている自分の姿を想像するのもいいでしょう。

想像はモチベーションアップに変わっていきます。

プログラミング学習のやる気が無くなった時こそ、自分がプログラマーとして活躍している姿を想像するのです。

家族や仲間など、自分以外の人間が喜んでいる姿を想像するのもいいでしょう。

課題と問題点をイメージ

自分に足りないものを明確にし、どうすればその問題が解決できるのかを強くイメージする。

僕の場合は自由な時間を増やすのが最大の目的なので、そのために足りないものや問題点を考えてみます。

まず、独立しても通用する高いプログラミングスキルが必要ですね。

スキルは勉強すれば身につくので、毎日の勉強をするという課題が明確になります。

次に自分を知ってもらうためのマーケティングが必要です。

広告費をかけるのも良いのですが、ブログやSNSで有益な情報を発信して、世の中に自分の存在を広めていくというコンテンツマーケティングが課題ですね。

時間はかかりますが、ブログはアクセスさえ集められれば24時間働いてくれる営業マンになります。

僕が会社員を辞めて自由な時間を獲得するためにいは何が必要で、何をすれば良いのか目的がはっきりしてきましたね。

今、何をやれば良いのかハッキリさせることがモチベーション持続の秘訣なのです。

さらに問題点は乗り越えられてあたりまえと確信します。

プログラミングスキルが足りてないと思うのなら、1年後までにもっと高い技術を身に着け年収1000万になっていると大風呂敷を広げてもいいでしょう。

脳を騙す未来年表と未来日記

未来年表や未来日記を書くと、上手く自分の脳を強く騙すことができて、騙された脳は実現させるように行動を命令してくれます。

未来年表で目標を達成させるまでのプロセスを具体的に視覚化してみましょう。

何月何日までにプログラミング言語を一つマスターし簡単なサービスを立ち上げる。

何月何日までにブログ記事が数百ページまで積み重なって、副収入が月額数十万まで上がる。

何年後に完全独立をし、年収1000万円を達成させる。

夢がかなったときの日記を書くのもオススメです。

ちょっと気持ち悪い気もしますが、できるだけ具体的にちょっと書いてみます。

今日、会社から完全に独立をしてフリーランスの生活が始まる!

会社員の時より自由な時間と自由なお金が増えて、ここまでやってこれた自分を褒めてあげたい。

困難な道程だったけど、振り返ってみると辛かったとは思わなかったな。

夢を叶えるためにやってただけなので、毎日ワクワクしてたしね。

数年間の短い間だけど雇ってくれた会社には大変感謝しています。

これからは社員としてではなく、お互いを支え合うようなビジネスパートナーとしていい関係を築いていけたらいいな。

それと、一番感謝しているのは生活面でたくさんのアシストをしてくれた奥さん。

金銭面でも苦労をかけました。

これからの人生はもっと楽しく生きていこうね。

家族でいろんなところを旅行をして楽しい毎日を過ごしていこう!

なかなかの未来日記が書けたんじゃないでしょうか。

夢を語り合える友人

友達付き合いでメリット・デメリットを考えていませんか?

ビジネスとしての合理的な思考は大事かもしれませんが、友人付き合いまでビジネス的な思考を持ち込んではいけません。

メリット・デメリット関係なく、なんでも話ができる友達って絶対にいた方が良いですよ。

特に夢を語り合って肯定的に聞いてくれる友人はめちゃくちゃ大切。

落ち込んでモチベーション下がっている時に、ご飯でも食べに行けば一気にメンタルを回復させてくれるので、とても大切な存在です。

愚痴の言い合いしても良いことはないので、そういう友達との付き合いは辞めることをオススメします。

正社員という奴隷制度に中指を立てるWebエンジニアです。PHPが得意。繋がれた鎖を断ち切るために、自由を取り戻すために、プログラミングスキルを磨く日々です。プログラミングと個人でもできるビジネスについて、情報発信しています。

詳しくはこちら